実は、姿勢を良くするだけでも簡単に痩せる事が出来るんです。

 

その理由をご紹介します。

 

姿勢の良い人は美しく見えますね。これは性別を問わず言えることです。

 

どんなに容姿端麗でも、背中が丸まっていると美しさ、カッコよさが半減してしまいます。

 

また、姿勢が良い人の方がスリムに見えると思いませんか?

 

ダイエットに成功した人も太っていた時よりも姿勢が良くなっているはずです。

 

スポンサーリンク

姿勢が悪くなる原因と太る理由!

 

猫背など姿勢が悪いと、肋骨が歪んだ状態を長く維持することになり、これが太る原因の一つとなります。

 

肋骨が歪むと内蔵が下がるなど正常な位置とはずれた位置に来てしまいます。

 

そうなると内臓が正常に機能しなくなったりするため、代謝が下がる原因を引き起こして脂肪燃焼しにくい状態になり太る可能性を高めているのです。

 

「姿勢が悪い人」の中で最も多いとされるのが、骨盤前傾している人です。左右の腰骨が恥骨より前方に出ている姿勢のことを指します。

 

若い女性にとても多い姿勢です。自然にあごや頭が体より前に出るような姿勢になってしまいます。

 

内臓が圧迫されているので便秘になりやすく消化不良を引き起こし肌荒れも発生してしまいます。

 

また、細身の人でも下半身が太りやすく「何故か太ももだけ太くて痩せない」と思っている人は姿勢が原因していることもあるのです。

 

見た目も、首が短く見え、老けた印象を与えてしまいます。

 

スポンサーリンク

姿勢を良くすると痩せる?簡単な方法①

 

簡単ダイエット方法で注目されているのが、姿勢ダイエット

 

姿勢よく座っているだけで痩せるというなんとも簡単すぎるダイエットです。
食事中や仕事で座っている時間の長い方は是非取り入れてみると良いダイエットですね。

 

  • 椅子に深く座り、背筋を伸ばして座る。
  • 膝の位置は腰より少し低いくらいが良い。
  • 膝の角度が90°になるように椅子の高さを調整する。

 

この3点を注意して座っているだけで、下半身の代謝が上がり痩せやすい体質づくりにつながります。

 

また、この姿勢で作業を続けることで、肩こりや疲労感がかなり軽減されます。

 

注意点がいくつかあります。

◆良い姿勢を維持しようとして無理に胸を張るのは良くありません。
◆腰に負担がかかり、腰痛の原因になります。
◆また下半身に重心がかかりやすくなり太ももや足の筋肉のハリを引き起こします。

 

 

日本人女性の多くが、姿勢よく座ろうとしたときにこの無理に胸をはる座り方をしています。

 

逆に腹筋を使わずに背中を丸めて座るとあごが前に出る姿勢で座り続けることになります。

 

ソファに座った時や気を抜いて座っている時に取る姿勢です。

 

これも腰を痛くしたり、年を取ったように見えてしまう姿勢なので気をつけましょう。

 

姿勢を良くすると痩せる?簡単な方法②

同じく座ったままで姿勢を良くすると痩せる方法が、「呼吸法」です。

 

座ったままおなかに力を入れてみてください。

 

呼吸が深くなると思います。日本人は呼吸が浅めだと言われています。

 

この呼吸を深くする意識をもつことで、消費カロリーが変わってくるのです。

 

座ったまま、いつもよりおなかに力を入れて姿勢を正し呼吸が深くなると1日で4~5キロカロリーの消費量が変わってきます。

 

これは僅かな差のように見えますが、呼吸による消費カロリーが増えるだけではなく、おなかに力をいれているので腹筋が鍛えられること、そして正しい姿勢による代謝の改善を加えると、かなりエネルギーの消費率がかわってくることになります。

 

最初は常におなかに力を入れておくのは難しいと思うので、気が付いたときに意識的にやってみましょう。

 

続けることにより、自然に腹筋や背筋が付き、正しい姿勢と深い呼吸が習慣付きます。

 

デスクワークで長く同じ姿勢をとる人やパソコン仕事が多い人は足のむくみの改善に大きく影響してくるので、是非試してみてください。

 

姿勢を良くすると痩せる?簡単な方法③

 

姿勢を良くすると痩せる方法で、姿勢よく歩くことも大きなダイエット効果をえることができます。

 

「ウォーキングダイエット」は最近とても人気がありますが、なかなか歩く時間を確保できないものですよね?

 

そこで、通勤や日常の歩く時の姿勢を正すことで歩行時の消費カロリーを増やす工夫をしましょう。

 

  • 遠くを見つめるようにして歩く(下を向かない)
  • 背中に定規を入れて歩いているイメージの姿勢を保つ
  • 膝を自然に伸ばして歩く(歩幅を大きめにする)
  • 腰の位置を高いところに意識し高さを保ち歩く(自然に腹筋と背筋に適度な力が入ります)

 

通勤で朝晩30分、仕事中でも意識して歩けば30分程度は歩く時間を確保していると思います。

 

家庭でも、家の中で歩くとき、買い物の時、水仕事や洗濯物を干すときもこの姿勢を意識的に保つことで、身体の筋肉の消費カロリーが高くなります。

 

そして程よく適度な筋肉が体を美しく引き締めてくれます。

 

あとがき・まとめ

姿勢はとても大切であることは解ってはいるものの、つい、背中を丸めてしまうことが多いものです。

 

美しい姿勢はただ美しく見えるわけではなく、身体の代謝を高めたり、消費カロリーを高くしたりすることができるのですから、すぐに意識したいものですね。

 

こんなに簡単なことがダイエットに繋がるのならやらない手はありません!

 

姫っち

姿勢を良くすると痩せるということを肝に命じれば、あなたはいつも姿勢美人でいられます。

今回も最後まで見て頂きまして有難う御座いました^_^

スポンサーリンク