子どもが病気になると、辛いし心配になりますよね。

 

特におたふく風邪は、顔も腫れ熱も出るのでとても心配になります。

 

事前に詳しい症状を知っておけば、いざという時に役立つことは間違いありません。

 

今回は、おたふく風邪の詳しい症状や、その対処法などをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

子供のおたふく風邪の症状!

 

おたふく風邪は、その名前の通りおたふく面のように顔が腫れあがる病気です。正式名称は「流行性耳下腺炎」です。子供の頃にかかりやすい病気として、とても有名なものですね。

 

主な症状顔が腫れることですが、その他に首の強い痛み耳下腺(耳の付け根から顎のあたり)の腫れも特徴的です。あとは、頭痛倦怠感腹痛嘔吐食欲不振といった症状が現れることもあります。

 

おたふく風邪はムンプスウィルスと呼ばれる菌が引き起こす病気で、菌の潜伏期間は2~3週間、初期症状は顔が腫れてきたり耳下腺が腫れるといったものですが、なかなか素人では判断しづらいものもあります。

 

子供の顔が何となく腫れているなと感じたら、すぐに病院にかかることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

子供がおたふく風邪に!熱が続く期間は?

 

おたふく風邪は3歳から6歳位までの子供がかかりやすい病気で、小さな子の顔が腫れあがるので心配になるかと思いますが、この病気かかったとしてもそれほど心配することはありません。

 

ほとんどの場合、1週間程安静にしていれば自然と回復していきます。回復すれば、もちろんですが顔の腫れも引き元に戻りますので安心してください。

 

発熱には個人差があり、微熱か全くでないという場合もあれば38度以上の高熱がでてしまう場合もあります。

 

一般的には発熱しても3日以内で下がる場合が多いようです。

 

ですので、38度以上の高熱が4、5日続くようなら少し注意が必要になります。

 

高熱は子供よりも大人が感染した場合にでることが多いので、その場合は合併症などのリスクが高まります。
大人が感染し、なおかつ高熱が続くようであれば合併症を防ぐためにももう一度病院に行った方がいいかもしれませんね。

 

注意したい合併症ってなに?

おたふく風邪自体は安静にしていればさほど心配することはない病気ですが、気になるのは合併症です。

 

おたふく風邪を引き起こすムンプスウィルスや高熱などが原因で起こる合併症ですが、どんなものがあるのでしょうか。

 

まず、おたふく風邪の合併症として最も多いのが「髄膜炎」です。

 

ムンプスウィルスが引き起こす髄膜炎は無菌性髄膜炎と呼ばれ、そのほとんどが後遺症も残らない軽いものになります。

 

髄膜炎よりも症状が重いのが「脳炎」になります。

 

脳そのものに炎症を起こす脳炎は髄膜炎に併発して起こることが多く、痙攣や意識障害を伴います。

 

発生頻度はおたふく風邪患者の0.2%程度とあまり多くはありませんが、まれに神経性難聴や顔の神経の麻痺などの後遺症が残る場合があるので注意が必要です。

 

また、腹痛と嘔吐を起こす「膵炎(すいえん)」や、難治性で完治しない「ムンプス難聴」も、ごく稀ですがおたふく風邪と併発して起こる病気です。

 

膵炎の症状は腹痛や嘔吐で、1週間程で治りますが、ムンプス難聴は治療が困難で聴力を失う恐れがある怖い病気です。

 

主に思春期以降や成人のみが併発する合併症としては、「精巣(睾丸)炎(女性では「卵巣炎」)」心筋症などが挙げられます。特に心筋症は、ごく稀ですが突然死の可能性もあるので注意が必要です。

 

髄膜炎以外はどれも併発件数の少ない病気ですが、おたふく風邪は合併症の多い病気だということを知っておくといざという時に役立つかもしれません。

 

あとがき・まとめ

ひと昔前は、おたふく風邪がクラス中で流行するなんてことも良くあったかもしれませんが、今は予防摂取でほぼ防げる病気といわれています。

 

子供に辛い思いをさせないためにも、周りの大人に感染して重篤化なんてことを防ぐためにも、予防摂取は受けておいたほうが安心ですね。

 

もしもおたふく風邪に感染した場合、慌てずにその症状をしっかりと病院に伝え、的確な治療を受けましょう。

 

姫っち

今回の記事を読んで、ぜひおたふく風邪についての知識を身につけ万が一に備えてくださいね。

今回も最後まで見て頂きまして有難う御座いました^_^

スポンサーリンク