子供が起きてきた時、顔や布団に血がついていたら驚きます。

 

『普通に寝ていたはずなのになぜ?』と病気を疑うかもしれません。

 

昼間は元気なのに就寝中に鼻血をだす子供って意外と多いんですよ。

スポンサーリンク

 

子供の鼻血が就寝中に多い理由は?

 

子供の鼻の粘膜は大人よりかなり弱く、少しの刺激で簡単に出血するようになっています。

 

特に鼻の穴の入り口付近は細い血管が沢山集まっていますので、鼻をいじると直ぐに出血してしまいます。

 

しかし、子供は自分のやりたいことに従順で、例え就寝中であっても無意識で鼻をいじってしまうため、朝起きてビックリしてしまいます。

 

又、一度鼻血を出すと傷付いた血管が治るまでは、数日かかるため少しの刺激で鼻血出してしまう状態が続きます。

 

これが、就寝中に子供が鼻血を出す大きな理由のひとつです。

 

又、爪は短く切ってあるし鼻をほじって傷つけたとは考えにくい!という場合は、アレルギー性鼻炎かもしれません。

 

アレルギー性鼻炎の子供は鼻の粘膜が弱く簡単に傷つきます。

 

指を鼻に入れなくても、外側から少し擦っただけでも粘膜を傷つけます。

 

子供の血管は細いですから、夜間布団で体が温まり血流がよくなったところに擦るという形で粘膜を傷つけ鼻血が出ることがあります。

 

この場合は一度耳鼻科に行かれるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

子供が就寝中に鼻血を出した時の対処の仕方!

 

昔から鼻血が出たら上を向いて首をトントンするといいと言われていますが、実はこれ間違っています

 

上を向くと鼻血は確かに鼻の入り口からは出ませんが、逆に喉へと落ちていきます。

 

正しい対処の仕方は、子供を座らせてまず小鼻を抑え下を向きます。

 

小鼻とは鼻の入り口から凡そ1㎝の辺りです。このまま圧迫を15分与えることで、鼻血も止まりますよ。

 

この時、鼻の根本(目頭の辺り)を抑えても止血効果はありませんので、間違えないようにしましょう。

 

もし、喉に血が流れてしまったら飲み込むのではなく、吐き出して下さい。

 

寝ていてる子の顔に血がついてるのを親が気づいて、子供自身は寝ている時は上半身の下に少しクッション等をいれ状態が斜めになるようにし、拭き取りましょう。

 

鼻血が出ている最中なら小鼻をつまみましょう。

 

息苦しくて起きるかも知れませんが、そのまま寝ていても口を開きますので大丈夫です。

姫っち

慌てず焦らず対処してくださいね。

あとがき・まとめ

子供が突然鼻血を出すとビックリします。なかなか止まらないと病気を疑います。

 

これは子供を愛すればこその気持ちですから仕方ないですが、落ち着いて対応しましょう。

 

よく鼻血が出たからティッシュを積めますが、こちらは余りおすすめはできません。

 

ティッシュを積めても止血にはなりませんし、ティッシュを抜くときに薄く張った皮を一緒にとってしまい血がでます。

 

ですからなるべく積めるのではなく小鼻を抑えて止めましょう。

 

姫っち

子供を興奮させないよう対処する。親が冷静で穏やかでいてください。

今回も最後まで見て頂きまして有難う御座いました^_^

スポンサーリンク