暑い日が続くとどうしても冷たい飲み物が欲しくなります。

 

又、学校や会社でも熱中症予防で水分をしっかり取るよう促されます。

 

しかし、冷たい水分を取りすぎると体重が増えるって知ってましたか?

 

ジュースだけに限らず水ですら取りすぎると太る原因となります。

 

スポンサーリンク

 

冷たい水分の取り過ぎで体重増える?そんな事って本当にあるの?

 

人間は歳をとると基礎代謝が低下すると共に体温も下がっていきます。

 

分かりやすいのが赤ちゃんとの比較ですが、

 

赤ちゃんの平熱は36度後半から37度前半までと言われています。

 

しかし、成長するにしたがって徐々に平熱は下がり、大人になると35度後半から36度前半が平熱という方が多くなりますね。

 

これに比例して基礎代謝も下がります。

 

 

 

逆言うと基礎代謝を上げれば平熱も上がる事になります。

 

又、基礎代謝をあげることで脂肪燃焼を促しダイエット効果もあるとわかっています。

 

実際、基礎代謝アップに効果的な食事や運動等が沢山紹介されるようになり実践している方も多いのではないでしょうか。

 

せっかく基礎代謝アップを目指していても冷たい水分を取りすぎると基礎代謝は上がりません。

 

何故なら、冷たい水分を取りすぎる事で内臓を冷やしてしまうからです。

 

内臓が冷えると体内温度も低下します。

 

 

冷たい水分を取りすぎる事で冷えきった内臓ができ、その為体が生命の危機だと感じ脂肪を貯めて少しでも体内温度をあげようとします。

 

この結果、太りやすくなるのです。

 

スポンサーリンク

冷たい水分の取り過ぎで冷え性に!下半身に脂肪が・・・

 

ダイエットの1つに水を1日1リットル以上飲んで老廃物を尿として排泄する方法があります。

 

確かに水を沢山飲んで老廃物出す方法は有効ですが、この時気を付けたいのが水の温度です。

 

水は無味無臭ですよね。だからこそ、冷やして飲むとおいしく感じますし、逆にぬるいと飲んでも美味しいとは感じにくいです。

 

しかし、氷を沢山入れた水を1日1リットル以上も飲むと内臓を冷やし、冷え性になりかねません。

 

冷え性になると言うことは、血流を妨げせっかく老廃物を除去するために飲んでいるのに逆に老廃物を溜め込んでしまいます。

 

この溜め込んだ老廃物はセルライトとなります。

 

セルライトは主にお尻や下半身に多く、肥大化した皮下脂肪のことをいいます。

 

料理をしたことがある方なら安易に想像できると思いますが、脂は冷えると固まる性質があります。

 

これは人間の脂肪でも同じで内臓を冷やす事=脂肪も冷やしてしまいます。

 

その為燃焼しにくくなり血流も悪くなって結果セルライトを溜め込む事になるんですね。

 

水分を沢山摂取して老廃物を外に排出し、下半身太りを解消させたいならば、飲む水分の温度は重要といえます。

 

夏の水分補給に注意したい事!

 

暑い夏にはしっかり水分補給をして熱中症にならないよう注意したいものです。

 

水分補給は勿論大切なことですが、暑い日にキンキンに冷えた水分を摂取する事は実は余計に水分を発散させているって知ってますか?

 

暑い日はただでさえ汗をかき体内の水分量が不足がちになります。そこにキンキンに冷えた水分を体内にいれても汗として体外に排出されてしまいます。

 

これは冷たい飲み物を摂取しすぎるために、体内が冷えきってしまうことが関係しています。又、一見冷たい飲み物は喉を潤して渇きを癒してくれそうですが、一杯飲んだだけで渇きは癒えませんね。

 

水ならば500mlのペットボトルを一気飲みしてしまうのではないでしょうか?

 

これは大変危険な行為です。よく冷えた飲み物は喉ごしがよくつい飲み過ぎてしまいます。

 

その為汗を必要以上にかいてしまい、体内の塩分が不足ぎみになります。

 

常に塩飴など塩分補給できる物をもっているのといいのですが、持っていても常に食べられる状態ではないですよね。

 

暑い夏は出来るだけ経口補水液やポカリ等で水分補給するのが望ましいですが、手元にないならば、熱い白湯を飲んでからゆっくり冷えた飲み物を摂取してください。

 

そうすることで、冷えた飲み物だけを摂取するより水分量は少なく喉を潤す事ができますよ。

 

あとがき・まとめ

冷たい飲み物は喉を潤してくれます。特にお風呂上がりのキンキンに冷えたビールは最高です。

 

しかし、常に冷たい水分を摂取していると内臓がキンキンに冷えてしまい冷え性になってしまいます。

 

冷え性になると体内の脂肪は固まり、燃焼しづらくなることで体重が増えてしまいます。

 

出来るだけ温かな飲み物を摂取するよう心がけ冷え性にならないようにしましょう。

 

かといって冷たい飲み物を我慢し過ぎるとストレスとなりダイエットの妨げになります。

 

冷たい水分を取りすぎる事なく、適度に常温、できれば温かな飲み物を取り入れながら健康的に体重を落としていきましょう。

姫っち

一度ついてしまった脂肪は、なかなか摂れないのでそうなる前に注意が必要ですね😊

今回も最後まで見て頂きまして有難う御座いました^_^

スポンサーリンク